連棟住宅の売却についてのご相談

2022-08-08

相談事例

【お客様】

年代・・・・・・40代

お住まい・・・・大阪府四条畷市

物件の地域・・・兵庫県伊丹市

ご売却理由・・・資産整理 

お問合せ方法・・HP

 

【ご相談内容】

昨年お父様がお亡くなりになられ相続をした物件の売却について相談を頂きました。

相談を頂いた物件に関しては、2棟繋がっている連棟物件となっており、そのような状態でも売却ができるかという内容でした。


 

【ご提案内容と結果】

結論からすると連棟になっている物件に関しての売却も可能です。

売却に関しては現況のままの売却か、解体して更地状態で買主に引き渡しをする売却方法の2種類となります。

今回はそのままの状態となると銀行からの住宅ローン融資が受けずくなり、購入層が絞られる事になる為為、解体して更地状態で買主に引き渡しをする売却をすると所有者様とのお話で決まりました。


更地にする場合、お隣との物件の間を切離しをして解体する必要があり、お隣さんに同意を頂く必要がありますがお隣さんとの関係性も良く、問題なく切離しをする事の同意を頂く事ができ、人気の駅から7分程の立地という事もあり、募集を開始し約2週間程で買主さんが決まりました。


その後、契約後に切離しをして解体をしましたが、特に問題なく進める事が出来ました。



【担当者より】

今回のとてもスムーズに進められましたが、連棟物件に関しては建物内部と外部から確認が出来る境界がズレている場合があったりと様々な注意が必要となります。

連棟物件に関しての売却に関して弊社では確認の漏れが生じないようにチェックリストを用いて対応をしておりますので、安心してご相談ください。

 

私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。

 

弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ