老後の資金の相談

2022-04-29

相談事例

今回のご相談は、不動産査定サイトから老後の資金の相談を頂いたのがきっかけでした

お客様は70代のご夫婦で、600万程の住宅ローンが残っており、ご主人は再雇用でお勤めされておられますが、コロナ渦で会社が厳しくなると高齢なので一番に声が掛かってしまうと心配されておられました。

当初、お客様はリースバックをお考えされておられましたが、築年数は少し経過していましたが、とても綺麗にお使いされておられ、売却をして狭くなるが安い物件をリフォームして住み替えた方がメリットが出る可能性があり、シュミレーションを行いました。


【リースバックの場合】

買取価格:1,500万円
▲売渡費用:6万円
▲残債:600万円
------------------------------
売却の利益:894万円

家賃:10万円


【売却して住み替えた場合】

売却額:2,500万円
▲仲介手数料:89万円(売却分)
▲売渡費用:6万円
▲残債:600万円
▲住み替え物件:1,000万円
▲リフォーム:300万円
▲仲介手数料:39万円
▲登記費用:20万円
▲不動産取得税:13万円
------------------------------
売却の利益:433万円


シュミレーションしてわかった事が、リースバックの方が売却の利益の額は多くなりますが、利益分を家賃に充てると考えると、約7年半で使い終わる事となります。

売却して住み替えた後、固定資産税や小修繕費用等は掛かりますが、お客様も売却して住み替えた方が良いとお考え頂き、売却活動に移らせて頂きました。

駅までの距離が遠い事もあり半年以上売却するまで時間が掛かってしまいましたが、当初のシュミレーション金額よりも高い金額で売却する事ができ、住み替え先も安く良い場所が見つかった為、最終の利益が600万を超える事ができ、お客様にも大変お喜びいただけました。


私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ