不動産売却でリフォームは不要!リフォームせずに売る方法は?

不動産売却でリフォームは不要!リフォームせずに売る方法は?

不動産売却で室内の印象を良くするために、リフォームをおこなう必要はあるのでしょうか?
リフォームは物件の状況によって必要な場合と不要な場合があるので、お持ちの不動産に合わせた方法を選びましょう。
そこで今回は不動産の売却をご検討中の方に向けて、リフォームの必要性についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却ではリフォームは不要!

基本的に不動産を売却する際に、リフォームは不要です。
リフォームをおこなうと高額な費用がかかるため、販売価格を上げて費用を回収する必要があります。
しかし中古物件の購入希望者は価格の安さを求めるので、相場より高い物件は売れにくくなってしまうのです。
また自分の好みに合わせたリフォームをおこないたいと考えている方も多いので、そのまま売るほうが良いしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームが必要な場合とは

キッチン・お風呂・トイレなどの水回りは不動産の印象に影響するので、カビが目立つなど見栄えが悪い場合はリフォームをご検討ください。
また給湯器など重要な設備が壊れている場合も、修繕する必要があるでしょう。
中古物件のチラシには「リフォーム済み」などと記載され、きれいな物件なら見学したいと考える方もいらっしゃいます。
不動産がなかなか売却できずお悩みの方は、物件に影響を与えている箇所の修繕をおこない、印象を上げて売り出してみましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でリフォームのほかに売れやすくなる方法

リフォームのほかに、下記のような方法を取り入れることもぜひご検討ください。

インスペクションをおこなう

インスペクションとは住宅診断士が建物の不具合などを調査し、第三者の目線でアドバイスをおこなうことです。
建物の構造に問題がなければその点をアピールでき、相手も安心して購入できるので、築年数が経過している不動産を売却する際は、ぜひインスペクションを実施しましょう。

ハウスクリーニングをおこなう

掃除だけでは落としきれない頑固な汚れなどがある場合は、ハウスクリーニングを依頼しましょう。
室内全体がきれいになるので内覧時に清潔感をアピールでき、購入検討者に好印象を与えられます。
また庭がある場合は雑草や落ち葉も掃除し、物件全体の印象を向上させましょう。

更地や買取を検討する

築年数が経過しておりなかなか売れない場合は、建物を解体して更地にする方法も検討しましょう。
解体費用がかかり、固定資産税が高くなる注意点がありますが、空き家を管理する維持費は不要です。
また早期売却をご希望の場合は、不動産会社による買取もおすすめです。
弊社でも不動産売却のサポートをおこなっておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却時のリフォームは基本的に不要ですが、修繕をおこなうことで売れやすくなる場合もあるので、まずは不動産会社に相談し、どのような方法で売却を進めるか考えましょう。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ