私道負担有の戸建売却のご相談

2022-07-21

相談事例


今回は、築後約50年が経っている戸建の売却のご依頼を頂きました。

建築年数も経っていましたので、古家付土地でのご売却で募集しました。

成約までに少々時間がかかりましたが、建売販売をメインにしている業者に声をかけたところ、希望金額に近しい金額で購入いただくことができました。

こちらの物件の前面道路は私道だったのですが、この私道は道路に接している土地の所有者が共有して持分を持っている道路でした。

建売業者様の目的はもちろん新築戸建を建てるためなので、条件として建築の際、前面道路の私道所有者へのいくつかの同意書が必要で、数十件の許可が必要でしたが、当社で全て同意を頂き、無事に条件をクリアし引き渡すことができました。

所有者様は全て近隣の方というわけではなく、遠方の方もいらっしゃったので同意書の取得には約3ヵ月を要しました。。。

こういった売主様のご負担も当社であれば極力軽減させていただきます。

併せてこちらからのお願いとして解体費・一部残置物については、買主様でのご負担で承諾頂きました。

不動産取引では、金額だけではなく諸条件がつきものです。
境界、接道状況、セットバックの可否、有効敷地面積、上下水等条件によって取引金額も増減します。
こういった条件でも売主様の最適な条件で売却活動させて頂きます。

是非一度ご相談くださいませ。

私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。

弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ