不動産が売れない原因とは?改善案とそのポイントについて解説

不動産が売れない原因とは?改善案とそのポイントについて解説

不動産は売りに出すと必ず売れるものではなく、場合によっては長い期間が必要になることがあります。
そのような場合には原因をしっかりと確認し、それにそった改善案をおこなうことが必要です。
そこで、本記事では不動産が売れない原因と改善案について解説します。
不動産がなかなか売れないと悩んでいる方はぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない原因

不動産が売れない原因はさまざまなものが考えられますが、ここでは代表的な原因2つについて解説します。
売りに出している不動産にこれらの原因が当てはまっていないか、ご確認ください。

売り出し価格

まず、原因の1つ目として考えられるのは売り出し価格です。
不動産の価値よりも高い価格で売りに出しても、もちろん買い手はなかなか付かないですよね。
また、逆に低すぎても「この不動産は何か問題があるのでは?」と買い手が考え、自然と避けられるようになるのです。

立地条件

一般的に不動産周辺の住環境は、買い手が不動産を検討するうえでとても大切な条件になります。
もしかすると、周辺にスーパーマーケットがない、駅から遠いなどの条件によってなかなか売れていないのかもしれません。
一度、周辺の住環境を確認し、立地条件を再確認してみましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れないときの改善案

本記事では上記原因に対する改善案について解説します。
売れない原因に上記原因が当てはまっていそうであれば、改善案をおこなっていきましょう。

売り出し価格を適正価格に変更する

まず、売り出し価格が適正価格よりも高い場合は値下げが必要です。
周辺の相場や不動産の状態などを考慮し、適正な価格へ変更していきましょう。
ただし、一度売り出し価格を下げると元の価格に戻すことが基本的にはできません。
後悔することのないよう、不動産会社としっかり話しあいながら進めていくことをおすすめいたします。

売却時期を見直す

不動産売却において売却時期はとても重要です。
売却時期を変えるだけであっさり売れてしまうこともありますので、不動産売却のベストなタイミングと言われる2~3月に売却をおこなってみてください。
とくに、長く募集していると買い手が不信感を持ってしまいますので短期間でターゲットを絞った売却がポイントです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却のポイント

不動産売却でもっとも大切なポイントは「買い手の立場になって考える」ことです。
相手の立場になって考えると価格も自然と購入されるものに落ち着き、不動産をどう売っていけば良いのかも理解することができます。
不動産売却において、相手を思いやりながら進めていくことは結果的に自分の利益にもつながります。
必ず買い手の立場になって不動産売却を進めていきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

本記事では不動産が売れない原因と改善案について解説しました。
不動産が売れない場合は改善案をしっかりとおこなっていくことが必要です。
不動産について客観的に確認し、売れるために行動をしていきましょう。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ