住みながら不動産を売却する際の注意点やポイントとは?

住みながら不動産を売却する際の注意点やポイントとは?

この記事のハイライト
●住みながら不動産を売却することは可能
●「売り先行」のメリットは、売却代金を新居の購入資金に充てられること
●住みながら売却を成功させるコツは、内見数を増やすことと内見時の印象を良くすること

「不動産売却は引っ越しが完了してからおこなうもの」というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかし、住みながら不動産売却をおこなうことは可能です。
そこで今回は、住みながら不動産を売却する方法やメリット・デメリット、さらに知っておくべき注意点について解説します。
不動産に住みながら売却を成功させるコツもご紹介しますので、尼崎市、伊丹市、西宮市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する方法とは?どんなメリットがある?

住みながら不動産を売却する方法とは?どんなメリットがある?

不動産の売却方法には、「引っ越しが完了してから売り出す」と「住みながら売却活動をおこなう」の2つの方法があります。
新築住宅や空き家を内見して不動産を購入した方は、「住みながら売却する場合、内見はどうなるの?」と疑問に思うでしょう。
不動産の購入を検討している方は、ほとんどの場合、実際に内見に訪れたうえで購入するかどうかを決断します。
つまり、住みながら不動産を売却する場合は、生活している状態で内見に対応することになります。
また、「どのようなメリットがあるのだろうか」と不安に思う方が多いかもしれません。
そこでまずは、住みながら不動産を売却するメリット・デメリットをお伝えします。
両方を知って納得したうえで、検討しましょう。

住みながら不動産を売却するメリット

メリット①売却代金を住み替えの費用に充てられる
住み替えをおこなう場合、売却してから新居を購入する「売り先行」と、新居を購入してから不動産を売却する「買い先行」のどちらかで進めます。
住みながらの不動産売却は、「売り先行」で進めるということです。
この場合、売却代金を住宅ローンの返済や新居の購入資金に使える点が大きなメリットです。
メリット②物件の魅力をアピールできる
間取りの使い方や、室内の特性をアピールできる点もメリットです。
家具や小物をきれいに配置しておけば、生活のイメージがしやすく、購入意欲が湧きやすいでしょう。

住みながら不動産を売却するデメリット

デメリット①内見に対応しなければならない
冒頭でもお伝えしましたが、不動産に住みながら売却する場合、内見に対応する必要があります。
売却活動中、内見希望者が現れたら、快く応じましょう。
デメリット②不動産の状態によっては売れにくい
室内が片付いていない、清掃がしっかりとおこなわれていないなど、内見者を迎える準備を怠ると、購入意欲を損なわせてしまう可能性が高いでしょう。

こちらの記事も読まれています|お家はいつ売ればいいの?

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する際の注意点とは?

住みながら不動産を売却する際の注意点とは?

続いて、住みながら売却をおこなう際の注意点をいくつかお伝えします。

注意点①いつでも内見に応じられるようにしておく

内見の日程は、できる限り購入検討者の都合に合わせたほうが良いでしょう。
たとえば、夕方以降にしか都合がつかない方や、土日に家族そろって内見したいという方など、内見者の希望はさまざまです。
また、前日の夜に「明日、内見したい」と言われることも珍しくありません。
いつでも対応できるように、日頃からきれいに清掃しておき、内見者を迎え入れる準備をしておきましょう。

注意点②不動産売却と新居探しは同時に進める

住みながら売却をおこなう「売り先行」では、新居探しも同時に進めておくことをおすすめします。
買主が決まれば、引き渡し日までに引っ越さなければなりません。
このときに新居が見つかっていない場合は、賃貸物件などに仮住まいする必要があります。
そうなると、今住んでいる家から賃貸物件へ、さらにそこから新居へと、引っ越しを2回おこなわなければなりません。
仮住まいの費用や引っ越し代など、余計な出費をしないために、新居探しを並行しておこない、スムーズに住み替えをおこないましょう。
なお、住み替えをおこなう際には、売却と新居の購入を同じ不動産会社に依頼して進めるのがおすすめです。
弊社は、すぐに売却価格を試算したい方のための「不動産査定」や、売却に関するご相談を無料にてご利用いただけます。
住み替えのサポートもおこないますので、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

こちらの記事も読まれています|お家はいつ売ればいいの?

\お気軽にご相談ください!/

不動産に住みながら売却を成功させるコツとは?

不動産に住みながら売却を成功させるコツとは?

売却を成功させるためには、「内見者の数を増やすこと」と「内見者に良い印象を持ってもらうこと」が、大切なポイントです。
そこで最後に、住みながら売却を成功させるコツをいくつかご紹介しましょう。

目を引く広告を掲載する

不動産を探している方は、インターネットや不動産情報誌などで、立地や築年数、間取り、価格などを比較し、いくつかの候補の中から購入を検討します。
そこで、ほかの物件よりも目を引くような広告を掲載することが大切です。
たとえば、写真をたくさん載せたり、不動産を探している方の気持ちをくすぐるようなコメントを添えたりなど、興味を持ってもらえるような宣伝方法を不動産会社の担当者と相談しながら考えてみましょう。

不動産会社と専属専任媒介契約か専任媒介契約を結ぶ

不動産会社に仲介を依頼する場合、媒介契約を結びます。
媒介契約の種類は、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類です。
このうち、「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は、レインズへの登録と売主への売却活動の報告が義務付けられています。
「レインズ」とは、国土交通大臣が指定する不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことで、レインズに登録することで、不動産の情報を広く公開できるという大きなメリットがあります。
したがって、レインズへ不動産の情報を登録してたくさんの方の目に触れさせることができ、さらに売却活動の状況も把握できる「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」がおすすめです。

土日の予定は空けておく

内見は、土日におこなわれることが多いため、内見希望者と日程を合わせやすくするために、売却活動中の土日は予定を入れず空けておくようにしましょう。

内見の準備をしっかりとおこなう

内見に訪れるということは、不動産の情報をチェックしたうえで、すでに興味を持っている方がほとんどです。
したがって、内見時にどのような印象を持ってもらえるかが、不動産の売却が成功するかどうかの大きなポイントになります。
そこで、内見時に良い印象を持ってもらうためのポイントをいくつかお伝えしましょう。
ポイント①入念に掃除する
「室内が片付いていない」「汚れが目立つ」といった状態では、せっかく興味を持って内見に訪れても、購入意欲が損なわれてしまいます。
気持ち良く内見してもらうために、きれいに掃除しましょう。
とくに生活感が出やすい水回りは、入念に掃除をおこなってください。
ポイント②におい対策も忘れずにおこなう
家には、住んでいる方の生活臭やペットのにおいなどが染みついています。
空き家ではなく、住みながら売却をおこなう場合、食事のにおいなどが充満しているかもしれません。
そこで、内見者を迎える際には、窓を開けて室内の換気をおこないましょう。
内見日までに時間があれば、カーテンやソファーのカバーなどを丸洗いしておくのもおすすめです。
このように、内見数を増やすことと、内見者の印象を良くすることが、売却成功の秘訣だといえるでしょう。

こちらの記事も読まれています|お家はいつ売ればいいの?

まとめ

住みながら不動産を売却する場合、多くの方の目に触れるような売却活動と、内見をいかに成功させるかが大切なポイントです。
効率良く売却を進めるために、まずは不動産会社に相談することから始めましょう。
アパルトマンエージェント株式会社は、お客様のご希望に沿った販売方法をご提案します。
尼崎市、伊丹市、西宮市で不動産売却をご検討の際は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ