不動産売却前にリフォームは必要?リフォーム費用もあわせて解説

不動産売却前にリフォームは必要?リフォーム費用もあわせて解説

初めて不動産売却をするときは、分からないことがたくさんありますよね。
そのなかでも、不動産売却をする前にリフォームが必要かどうかについて、不安を感じる方がいらっしゃるでしょう。
そこで、本記事では不動産売却前にリフォームが必要であるのかについて、リフォーム費用とあわせて解説します。
不動産売却前にリフォームが必要であるか悩んでいる方は、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームは必要?不要?

不動産売却前にリフォームを必要とするかどうかは、場合によって異なります。
どのような場合で必要なのか、また不要なのかを確認してみましょう。

ほとんどの場合でリフォームは不要

実は多くの場合、リフォームは不要です。
不動産売却前にリフォームをおこなって不動産の価値を高めたほうが、売れやすくなるのではと考える売り手は多くいます。
しかし一般的に、買い手はなるべく安く不動産を購入したいと考えています。
そのため、リフォームをして値段が高くなると、買い手が付きづらくなる可能性があります。
また買い手のなかには、安くで中古物件を購入し、自分が望む間取りに改修することを前提としている人もいます。
こうした理由から、リフォームしないほうが買い手がつきやすく、不動産売却前のリフォームは基本的に不要といえるのです。

リフォームが必要な場合とは?

リフォームが必要な場合は、明らかに破損している箇所があるときです。
明らかな破損とは、水道管の破損や床抜けなど、生活に支障をきたすものを指します。
売却直前のリフォームはもちろん、普段の生活のなかで気づいた場合には、不動産売却に向けて事前に修繕しておくとよいでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームにかかる費用

リフォームにかかる費用は依頼する会社、地域、リフォーム内容によって大きく異なります。
以下に例として水道管の破損修理、床の張替えの相場を示していますので、ご確認ください。

  • 水道の給水管・排水管の全体的な交換:25万円程度
  • 床の張り替え(6帖):6~18万円

先述のとおり、これらは生活するうえで欠かせない部分ですので、買い手を逃さないためにもリフォームすることをおすすめします。
しかし、リフォームする箇所が増えるとそれだけ費用がかかるので、予算に合わせてどこをリフォームするのか決めておくとよいでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

本記事では、不動産売却前にリフォームが必要であるのかについて、リフォーム費用とあわせて解説しました。
不動産売却前のリフォームは、ほとんどの場合で不必要ですが、リフォームの必要性を強く感じる方は、一度弊社までお気軽にご相談ください。
現状にあわせて必要な対応について、ご提案させていただきます。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ