不動産売却の流れをご紹介!媒介契約とは?

不動産売却には一連の流れというものが存在します。
流れを知らないままだと、何をどうして良いか分からず不安になってしまうことも多いでしょう。
しかし、人生のなかで不動産売却は何度も経験することではなく、知らなくても当然と言えば当然です。
そこで不動産売却について、流れをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ!媒介契約とは?

不動産売却を決めたら、最初の流れとして依頼する不動産会社を決める必要があります。
必ず不動産会社に依頼しないといけないわけではありませんが、個人間売買はトラブルを招きやすいのが現状です。
大きな金額が動く不動産売買だからこそ、専門知識のない方は仲介を依頼したほうが良いでしょう。
仲介を依頼する不動産会社と締結するのが媒介契約です。
媒介契約は不動産会社と売主の依頼関係を明確にすることを目的とされ、売却活動の内容や報酬について取り決めをおこないます。
不動産会社は媒介契約の内容を書類に作成し、売主に渡さなければなりません。
注意が必要なのが、媒介契約は3種類あって内容に違いがあるということです。
どの媒介契約を選択するかによって、今後の不動産売却に影響するため注意しなければなりません。
一般媒介契約は複数業者との契約や自己発見取引が可能で、もっとも自由度が高い売却契約です。
築浅の物件や立地条件が優れているなど、すぐに購入希望者が現れそうな場合に向いています。
一方で、専属専任媒介契約は複数業者との契約や自己発見取引はできません。
指定流通機構への登録や業務状況の報告義務など細かく決められており、細やかなサポートを望んでいる方におすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ!売却活動はどうやってする?

媒介契約を締結したら、売却活動をおこなっていきます。
不動産売却成功の可否は、売却活動のやり方によって左右されるといっても過言ではありません。
より良い情報で不動産売却をおこなうためには、物件を広く知ってもらう必要があるからです。
そのため流通機構への物件登録はもちろん、ポータルサイトへの掲載、新聞の折込チラシ、近隣へのポスティングなどの売却活動をおこなっていきます。
ほかにも状況に応じて、オープンハウスなどの売却活動をおこなうこともあるので、詳しくは媒介契約の内容を確認してください。
売却活動中に購入希望者が現れれば交渉に入り、条件がまとまれば売買契約の締結、決済という流れです。
この不動産売却に関する一連の流れは、一般的に3か月から半年程度の期間でおこなわれますが、物件によって大きく変化するため余裕を持っておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却は、媒介契約の締結、売却活動、条件交渉、売買契約の締結、決済と言う流れで進んでいきます。
一連の流れにかかる期間は、おおむね3か月から半年ほどです。
より良い条件で売却を進めていくためには、媒介契約と売却活動がポイントになっていくので、契約前にしっかり検討しておきましょう。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ