ロードサイドの土地活用におすすめの店舗形態と注意点をご紹介

ロードサイドの土地活用におすすめの店舗形態と注意点をご紹介

ロードサイドにある土地は、特徴的な活用方法があります。
その特徴を生かすことで、どのような土地活用ができるのでしょうか。
この記事で解説していくので、尼崎市、伊丹市、西宮市で使用していない土地を所有している方はぜひ最後までお読みください。

\お気軽にご相談ください!/

ロードサイドとは?土地活用の方法を解説

ロードサイドとは、郊外の道路沿いにある土地のことを指します。
実は、この土地活用はアメリカから輸入されており、主に大型店舗を建築する方法が取られてきました。
街の中心地よりも比較的土地が広く、車があれば不自由なく店舗を利用できるからです。
このようなアメリカ的な経営方法は、日本でも土地活用に用いられています。
ロードサイドのメリットを生かして、大型店舗を経営することが向いているのです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ロードサイドの土地活用におすすめの店舗形態は?

道路沿いの広い土地は、商業施設として土地活用することをおすすめします。
ロードサイドで経営する店舗に向いている形態は、下記3つです。

  • 飲食店
  • コンビニエンスストア
  • ガソリンスタンド

いずれの店舗形態も、ロードサイドではお馴染みの光景でしょう。
フランチャイズ店舗の飲食店とコンビニエンスストアは、経営ノウハウを最初から教えてもらえるので、未経験者でも経営しやすいとされています。
また、ガソリンスタンドは、交通量の多い場所であればドライバーからの需要が見込めます。
しかし、危険物を取り扱うため、事前に資格を取得するなどの準備が必要です。
上記でご紹介した3つの店舗形態は、収入を得られやすいのでおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ロードサイドの土地活用をはじめる注意点

最初の注意点は、ニーズに合った土地活用をおこなうことです。
上記でおすすめした店舗を開業したとしても、過疎化が進んでいて交通の便が悪い地域では経営が難しいと考えてください。
店舗を経営するのであれば、交通量が多く人目に触れやすいことが条件です。
続いて、実際に土地活用する際は、信頼のおける業者を選ぶことが注意点です。
専門的な知識を要するため、必ず業者を介してテナントを誘致するようにしましょう。
なお、ロードサイドの土地は短期での転用が難しいため、契約時には契約内容を確認することが大切です。
また、はじめて土地活用をおこなう方は、自分で手続きすることに不安を感じられるでしょう。
弊社では、ロードサイドの土地活用に関する情報提供をおこなっていますので、まずはどんなことでもご相談くださいね。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

ロードサイドとは、道路沿いの土地のことで店舗などに土地活用するケースが多く見られます。
この記事で解説した注意点を踏まえて、最適な土地活用方法を検討してみましょう。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ