不動産売却前に家を解体したい方に!解体費用の補助金制度とは?

不動産売却前に家を解体したい方に!解体費用の補助金制度とは?

空き家を解体し、更地にしてから売却したいという方も少なくありません。
解体工事には、高額な費用がかかります。
家の解体費用に補助金が適用されることもありますので、あらかじめ補助金制度の内容や条件を確認しておくことが大切です。
この記事では、家の解体費用に適用される補助金制度の条件と、補助金を申請する際の注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で家を解体する際に活用!解体費用の補助金制度

家の解体費用に関する補助金とは、空き家の増加を防ぐためにつくられた制度の1つです。
補助金制度が適用された場合、解体費用の一部が支給されます。
家の解体費用に関する補助金制度は、主に3種類にわけられます。

  • 解体補助金
  • 空き家対策補助金
  • 建て替え工事助成金

「空き家対策補助金」は、解体する建物が空き家であることが前提です。
「建て替え工事助成金」が適用されるためには、建て替えにともなう解体でなければなりません。
広く市民に適用されるのは、「解体補助金」です。
これらの補助金制度の内容や条件は、自治体によって異なります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却時の家の解体費用に関する補助金制度の条件

家の解体費用を補助してくれるのは、自治体です。
補助金制度を申請する際は、解体したい家がある自治体でおこないます。
まずは、自治体のホームページなどで、申請方法や条件を確認しましょう。
多くの自治体では、解体費用を補助するにあたり、物件に関する条件や申請者に関する条件を設けています。
たとえば、「一定期間使用されていない空き家であること」「市税の滞納がないこと」などです。
解体費用の補助金制度を受けたい場合、解体工事の着工前までに申請しなければなりません。
解体工事中や解体工事後に補助金制度を申請することはできません。
申請方法や条件、さらに申請期限を確認することが大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却時の家の解体費用に関する補助金制度を受ける際の注意点

解体費用の補助金を申請してから審査結果が出るまで、時間がかかります。
審査では、多岐にわたる項目についてチェックされるため、結果が出るまでに1か月ほどかかることもあります。
審査結果が出るまで着工できないため、予定どおりに解体できないおそれがあります。
また、家の解体費用に関する補助金制度は、すべての自治体で実施しているわけではありません。
まずは、自治体に補助金制度があるかどうかを確認しましょう。
補助金制度が適用されてからの注意点は、補助金の交付時期です。
解体費用の補助金は、解体工事が終わってから交付されます。
そのため、まずは解体費用を自己負担しなければなりません。
解体工事の完了後、「解体工事完了実績報告書」を自治体に提出することで、補助金が交付されます。
家を解体する場合、工事費用と当面の生活資金を用意しておく必要があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

家の解体費用に関する補助金制度には審査があり、必ず補助金が受けられるわけではありません。
また、補助金は解体工事後に交付されるため、まずは工事費用を自己負担するのが原則です。
補助金制度の申請や工事日程、さらに費用面などを考慮して解体工事の計画を立てることが大切です。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ