不動産売却前におこなうインスペクションとは?

不動産売却前におこなうインスペクションとは?

不動産売却をおこなう前に、事前に建物を調査できる「インスペクション」という制度をご存じでしょうか。
近年、中古住宅の増加にともない、ますます注目を集めています。
そこで、尼崎市、伊丹市、西宮市の方で不動産売却を考えておられる方向けに、インスペクションとは何か、またかかる費用を解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前におこなうインスペクションとは

インスペクションとは、既存住宅の建物の状態や状況を調査することです。
これは、登録された専門の建築士により構造上主要な部分や建物の不具合・欠陥の有無を確認し、必要な修繕箇所や数を調べます。
では不動産売却時の、どのタイミングでおこなうほうが良いのでしょうか。
基本的には、不動産会社が売却活動を始める前や、査定をおこなう前にしておくと良いでしょう。
というのも、この結果次第で査定額が変わることがあるからです。
このインスペクションをおこなうことで、さまざまなメリットがあります。
1つ目は早く買主を見つけることができる点です。
建物の調査がおこなわれれば、買主は安心して購入することができます。
また、劣化状態を把握することができるため、結果によっては高く売却することが可能となります。
2つ目は売却後のトラブルが回避されることです。
中古物件は、引き渡し後に何らかの不具合や問題が生じた場合に、双方でトラブルになることがあります。
しかし、インスペクションを実施していることで、事前に補修など対処することができ、トラブル回避につながります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前におこなうインスペクションの目的と必要な費用

インスペクションの目的

実施する目的は、中古住宅において品質や販売価格に対する不安を払拭するために、建物の状態の現状を一定の基準において把握するためです。
また、事前におこなうことで、瑕疵により責任を問われることが減るため、売主にとってもメリットと言えるでしょう。
そして不動産業界においても2018年4月に施行された「改正宅地建物取引業法」により、インスペクションの説明が義務化されました。
これにより、売主・買主の双方にインスペクションのご説明をおこない、利用を勧めることが義務となりした。

インスペクションにかかる必要な費用

費用の相場はおよそ5万円程度です。
一戸建ての場合は、平米数により多少変動します。
また、費用は、売主・買主それぞれ実施したほうが負担しなければなりません。
買主がおこなう場合は、事前に売主に許可を得る必要があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却前におこなうインスペクションについてご紹介してきました。
売主・買主の両者にメリットがあるインスペクションをご検討されてはいかがでしょうか。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ