不動産を売却しても住み続けられるリースバックのメリットとは?

不動産を売却しても住み続けられるリースバックのメリットとは?

不動産の売却を検討している方のなかには、さまざまな事情で住宅ローンの支払いが厳しくなり売却を考えている方もいるかも知れません。
しかし、住み慣れた家を離れたくないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ここでは尼崎市や伊丹市、西宮市で不動産の売却を検討している方に向けて、リースバックの仕組みやメリットもあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却しても住み続けられるリースバックとは?

リースバックとは不動産物件を専門の不動産会社に売却し、オーナーである不動産会社と賃貸借契約を結び家賃を支払うことで、そのまま住み続けることができる方法のことです。
リースバックの特徴として、不動産会社が直接購入した後にそのまま賃貸借契約をおこなうため、引っ越しをする必要がないことが挙げられます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却しても住み続けられるリースバックのメリットとは?

リースバックにはさまざまなメリットがあります。

住み慣れた家に住み続けられる

リースバックのもっとも特徴的なメリットは、売却後も住み慣れた家にそのまま住み続けられることです。
引っ越しの必要もないため、周囲に売却が知られることもなく安心して住み続けられるでしょう。

スムーズに売却できる

リースバックは専門の不動産会社が物件を購入するため、通常の売却活動期間がなく短期間で売却することができるのもメリットの一つです。
不動産の買い手が現れないといった心配もなく、スムーズに売却ができます。

まとまった資金が用意できる

リースバックでは今までの家に住み続けながら不動産を売却し、まとまった資金を用意できるのもメリットといえるでしょう。
売却代金は一括で支払われ、用途は問われないため、教育費や老後資金など自由に利用することができます。

リースバックのデメリットと注意点

メリットの多いリースバックですが、デメリットや注意点もあります。
デメリットとしては、売却価格が相場より安くなる可能性があることや所有資産ではなくなることなどが挙げられるでしょう。
売却後は所有資産から賃貸借契約になるため、家賃が発生することや賃貸借契約を守って生活する必要があります。
また、リースバックは売却金額が住宅ローンの残額を下回っている場合は利用できないため注意が必要です。
売却金額で住宅ローンを完済できない場合は金融機関の抵当権を外すことができないため、そもそも売却することができません。
リースバックを検討している方はローンの残額を確認し売却が可能かどうか事前に確認しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却後も住み慣れた家に住み続けられるリースバックは、スムーズにまとまった資金が手に入るメリットの多い売却方法の一つです。
デメリットや注意点に気を付けながら上手に利用すると良いでしょう。
住み続けながら不動産を売却したい方や、ローンの完済をしたい方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ