不動産売却時に発生する費用とは?費用の種類を解説!

不動産売却時に発生する費用とは?費用の種類を解説!

不動産を売却する際にはさまざまな費用が発生します。
不動産売却時に発生する費用にはどのようなものがあるのかを売却前に理解しておきたいですよね。
この記事では、不動産売却時に発生する費用の種類と、そのなかでも仲介手数料と抵当権抹消費用について解説いたします。
尼崎市、伊丹市、西宮市エリアで不動産の売却を検討中の方は、参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に発生する費用の種類

不動産売却時には、売却準備に必要な諸費用から、手数料や税金など、さまざまな費用が発生します。
主に必要な費用の種類は以下のとおりです。

  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 印紙税
  • 売却準備費用(解体費、測量費、ハウスクリーニング費など)
  • 引っ越し費用

仲介手数料と抵当権抹消費用については後ほど、ご説明させていただきます。
印紙税とは課税文書である売買契約書にかかる税金のことで、現在は軽減措置が適用されているので1,000円~3万円ほどです。
古家を解体して土地のみで売却の際は、建物の解体費用が100万円~300万円ほど必要になります。
また、土地の確定測量費用には50万円~80万円ほどかかります。
その他にも中古住宅で売却するためのハウスクリーニング費や、住み替えの場合は引っ越し費用も必要です。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に発生する費用「仲介手数料」とは

一般的に不動産売却は不動産会社に仲介を依頼し、買主を探してもらいます。
そして買主との売買契約が成立し、不動産会社へ支払う成功報酬を仲介手数料といいます。
成功報酬となるので、売買契約が成立しなかった場合には発生しません。
仲介手数料には法律により上限額が定められているので相場はありません。
仲介手数料の法定上限額は、計算式によって算出することができます。
売却価格が400万円を超えた場合の仲介手数料の簡単な計算式は以下のとおりです。
仲介手数料=(売買価格×3%+6万円)+消費税

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に発生する費用「抵当権抹消費用」とは

抵当権とは、住宅ローンを組む際に、債権者が不動産を担保する権利のことです。
仮に住宅ローンが返済できなかった場合には、債権者である金融機関が不動産を競売にかけて債務を回収することができます。
不動産売却時には住宅ローン返済を済ませ、抵当権抹消手続きによって抵当権を抹消する必要があります。
決済日に抵当権抹消手続きがおこなわれることが多く、司法書士に依頼するケースがほとんどです。
自分でも手続きが可能ですが、複雑なうえに手間と時間を要するので、司法書士に依頼することをおすすめします。
司法書士に依頼した場合には1万円~2万円前後の費用がかかります。

弊社が選ばれる理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却には、税金や諸費用など、さまざまな費用が必要です。
売却前に必要な費用を理解しておきましょう。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ