相続した不動産を売却する際の相談窓口とは?売却の流れもご紹介

相続した不動産を売却する際の相談窓口とは?売却の流れもご紹介

不動産を相続した場合、一般的な不動産売却とは異なる手続きが必要です。
不動産売却後の確定申告や税金の納付で頭を悩ませる方も少なくありません。
困ったときにどこで相談すれば良いのかを知っておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。
この記事では、不動産を相続した際の相談窓口と相談費用の相場、さらに相続した不動産を売却するときの流れについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却する際にどこで相談するべきか

遺産相続をめぐるトラブルに関する相談は、弁護士や司法書士におこないます。
相続した不動産を売却する際に必要な「相続登記」についても、司法書士に相談します。
相続登記の申請を司法書士に依頼することも可能です。
不動産を売却することになったら、不動産会社に査定を依頼します。
不動産売却に関する困りごとも、不動産会社にご相談ください。
土地を売却する場合、隣地との境界を明確にする必要があります。
土地の測量に関することは、土地家屋調査士が担当します。
また、相続税などの税金に関する相談窓口は、税理士や税務署です。
不動産売却にかかる税金や確定申告について理解するのは、容易なことではありません。
不動産売却にかかる税金の計算方法や確定申告について税理士に相談することで、スムーズに手続きを進めることができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産について相談する際にかかる費用

弁護士や司法書士、税理士などの専門家に相談する場合、相談料が発生します。
一般的に1時間あたりの相談料の相場は、弁護士が1万円、弁護士以外の司法書士や税理士などの士業が5,000円ほどです。
相談料にくわえて、依頼する内容によってさらに費用がかかります。
費用が気になる方は、自治体などがおこなう無料相談会に参加することをおすすめします。
相談内容や時間に制限が設けられていることもありますが、まずは無料相談に参加し、困りごとを解消できなければ専門家に相談するのも1つの方法です。
不動産会社への相談や査定を依頼される場合は、まずはお気軽にご相談ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相談後に相続した不動産を売却する際の流れ

相続した不動産を売却する場合、名義人を変更するための「相続登記」が必要です。
相続登記の手続きは、法務局でおこないます。
そのほかの手続きは、一般的な不動産売却と同じです。
まずは、不動産価格の相場を知るために、不動産会社に査定を依頼します。
査定額に納得したら、不動産会社と媒介契約を結びます。
買い手を探すための売却活動のスタートです。
売主は、購入を希望される方の内覧に立ち会います。
売主と買主が条件に合意したら、不動産売買契約を結びます。
物件を引き渡せば、不動産売却は完了です。
不動産売却後に確定申告が必要な場合、忘れずに申請します。
不動産売却の流れや手続きを知っておくことで、計画的に売却の準備を進めることができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

相続した不動産をトラブルなく売却するためには、専門家に相談しながら手続きを進めることが大切です。
どこで相談したら良いのかを知っておくことで、スムーズに不動産を売却することができます。
不動産全般に関する困りごとは、不動産会社にご相談ください。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ