不動産を売却する際おこなうべきインスペクションとは?

不動産を売却する際おこなうべきインスペクションとは?

不動産の売却では、売却する前にインスペクションをおこなうと良いとされています。
しかし、不動産売却をご検討中の方で初めて耳にする方もいらっしゃるのではないでしょうか
そこで尼崎市、伊丹市、西宮市の方に向けて、インスペクションとは何か、またインスペクションが持つメリットとデメリットをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する際に必要と言われるインスペクションとは

インスペクションとは、建物のプロである建築士などが構造耐力における主な部分と雨水の浸入を防ぐ部分に対しておこなう建物状況調査のことをいいます。
インスペクションによって、建物の劣化状況や欠陥の有無、必要な修繕箇所の数が明確になります。

インスペクションの目的とは

インスペクションをおこなうと、中古であっても新築のように品質保証ができるようになります。
さらに、建物の状態を明確に分かったうえで買主は購入でき、売主も契約不適合責任を問われる可能性が減ります。
このように売主と買主がお互いに安心して売買できるようにすることが、インスペクションをおこなう目的なのです。

インスペクションのタイミングとは

不動産売却をおこなう際、媒介契約を結んだあと売却活動を始める前にインスペクションをおこないます。
不具合がなく修繕の必要が無ければそのまま売却活動へ進みます。
しかし不具合があった場合は、修繕して売却するのか、または価格を見直しそのまま売却するのか検討することができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でおこなうインスペクションが持つメリットとは

不動産を売るときにおこなうインスペクションには、以下のようなメリットがあります。

  • 不動産の価値が上がる可能性がある
  • 買主が早く見つかる可能性がアップする
  • 売却後のトラブルを防止できる

インスペクションで建物の劣化状況が明確になるため、結果的には価値が上がる可能性があります。
また、建物の現状を知ることによって安心して買主が購入できるので、スムーズな売却が見込めます。
さらに、修理箇所が明らかになった場合あらかじめ補修してから売却するなど対応すると、売却後のトラブルを回避することが可能です。
買主が問題を知りつつ購入した場合、その箇所について売主は責任を負う必要はありません。
しかし、反対にデメリットもあります。

  • 費用と時間がかかる
  • 売却価格が下がる可能性がある
  • 修繕が必要となる可能性がある

インスペクションには2週間ほどかかるうえ、不具合が見つかると修繕をおこなうためにさらに費用と時間が必要となる可能性があります。
また、劣化状況などが明らかになるので、値下げを求められる可能性もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却で必要とされるインスペクションとは、建物のプロによる建物状況調査を意味します。
建物の劣化状況や不具合が明確にわかるので、スムーズな売却につながったり、売却後のトラブルを回避したりできるメリットがあります。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ