不動産のリノベーションがもたらす効果を解説!

不動産のリノベーションがもたらす効果を解説!

中古物件を売却する際に、リフォームを考える方が多いと思います。
しかし、近年はリノベーションをおこない、住居の魅力を上げる考え方が主流になってきました。
そこでこの記事では、不動産のリノベーションがもたらす効果を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産におけるリノベーションとは?

リノベーションとは、建物を全面的に刷新することです。
これにより、新たな価値を与えることを意味します。
具体的には、設備を最新のものに切り替えることや、間取りや外観デザインを変更する工事をおこないます。
家事動線から根本的に変えていくので、完成した不動産は新しい用途ができるのです。
なお、リノベーションとリフォームはどのような違いがあるのでしょうか。
リフォームとは、修繕の意味を持ちます。
たとえば、二重扉を設けることや、室内に新たな引き戸を付ける工事がリフォームの例です。
これに対して、リノベーションは生活スタイルを根本的に変えていくことを意味します。
リノベーションの例は、下記のとおりです。

  • 和室を洋室にリメイクする
  • 使用しなくなった子ども部屋を書斎に変える
  • 浴室やトイレなどの位置を変更する

このように、現在の生活スタイルに合わせて、使用しやすいように工事することがリノベーションです。
基本的には、柱や基礎以外のすべてを自由に変更できるので、不動産に新たな価値を与えられます。
不動産売却の際にも、購入希望者に良い印象を与えられるのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産のリノベーションに必要な費用はどのぐらい?

不動産をリノベーションするには、どのぐらいの費用が必要なのでしょうか。
これは、物件の種別によって相場が異なります。
マンションの場合は、15万円/㎡が目安で、10万円から17万円/㎡の間で推移することが一般的です。
ただ、大掛かりな工事になると25万円/㎡になる場合もあります。
また、一戸建ての場合は、25万円/㎡前後が費用の目安です。
このように、リノベーションにかかるおおよその費用がわかったことでしょう。
実際に不動産をリノベーションするメリットは、完成後をイメージしやすいことです。
窓から見える景色や、隣家との距離はそのままなので、完成後をイメージしながら自由な家造りを楽しめます。
一方、デメリットは工事に制約がかかる可能性があることです。
建物の構造によっては、壁が撤去できないなどのデメリットが生じます。
このようなデメリットも覚えておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

リノベーションとは、建物の用途を刷新することで、不動産に新たな価値を与えていきます。
また、工事には費用がかかりますが、自分好みの家をつくれることがポイントです。
私たち「アパルトマンエージェント株式会社」は尼崎市、伊丹市、西宮市を中心に、不動産売却をサポートしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0570-03-8181

営業時間
10:00~18:30
定休日
水曜日

坂東健悟の画像

坂東健悟

資格:宅地建物取引士 2級ファイナンシャル・プランニング技能士 賃貸不動産経営管理士 相続支援コンサルタント

学卒業してすぐ不動産業界に携わっており、賃貸、管理、売買等、不動産全般を経験しております。
2人のこどもがいるので、休みの日は公園等で遊ぶことが当たり前になっていますが、いつかこどもに遊んでもらえない日が来ると思うと、今を本当に大切にしなければと思っています。
仕事もプライベートもイケてる人になれるよう、興味の幅を広く持ち、まずやってみる事を心がけています!

坂東健悟が書いた記事

関連記事

相談事例

売却の際の注意事項

売却方法について

売却査定

お問い合わせ